自宅でワックス脱毛を取り入れる

バナー

自宅でワックス脱毛を取り入れる

自宅でワックス脱毛を行う場合、まずは含まれている成分で肌に合わないものはないかをチェックしなければなりません。

処理の仕方はテープとよく似ていますが、ワックスは成分によって皮膚に負担をかける恐れがありますので、自分の肌質に合ったものを利用しなければなりません。



実際にワックス脱毛を行い際の注意点としては、ムダ毛が隠れる位の量をたっぷりと塗ることが大切です。少ないと上手くムダ毛を絡め取ることができません。



テープよりも短いムダ毛を取り除きやすく、処理残しが比較的発生しにくい方法です。

ですから、仕上がりの美しさには定評があり、一度使うとリピーターとなる人も多いようです。ワックスを剥がす時にはムダ毛だけでなく肌表面の角質まで一緒に取り除かれます。

古い角質が無くなると新たな細胞の生成が活発に行われるようになりますので、トラブルもスムーズに改善できます。

美肌効果まで得られる優れた方法ですが、痛みが気になるという人もいます。

ワックス脱毛を行ったら、肌が多少熱を持つこともあります。

その場合には鎮めるために保冷剤などでよく冷やし、治まってきたら通常のアフターケアを行います。



アフターケアの基本は保湿ですが、毛穴の開き具合が酷い時には収れん化粧水によるケアも取り入れます。

毛穴が開いたままになると肌中の水分が蒸発しやすくなりますので、乾燥が進んで皮膚が硬化し、代謝の低下を招きます。
回復を早めたいのなら毛穴ケアも重要です。


Copyright (C) 2016 自宅でワックス脱毛を取り入れる All Rights Reserved.