エステやクリニックの脱毛に伴う痛みとその対処法

バナー

エステやクリニックの脱毛に伴う痛みとその対処法

日頃の暮らしの中でムダ毛の脱毛の必要性に見舞われた時、自宅での自己脱毛にて全てを賄おうとすると忙しさのために処理が丁寧ではなくなったり、時には間違った手順や方法で処理をしてしまって埋没毛や肌荒れ、肌の黒ずみなどの悪影響が出る場合もあります。
これらの点を回避する上でもエステやクリニックでプロの手に委ねるのは安心と安全を得ることにつながります。

ただし一般的な脱毛施術にはそれぞれ独特の痛みが伴います。


例えば最も知られるレーザーやフラッシュを使った施術では光のエネルギーが毛根のメラニン色素と反応して瞬間的に温度を高めると破裂音とともに輪ゴムで弾くような痛みが生じます。

一度や二度ならば耐えることができるものの、これがなんども続くとストレスになって耐えきれなくなる人もいるようです。



また、ジェルやワックス、クリームを用いた手法でも同様に痛みがつきもので、ワックスはひきはがす際の勢いとともに肌が引っ張られる痛みが生じ、ワックスやジェルは毛根と液体が触れるたびにチリチリと焼け付くような痛みが出ます。



さらにクリニックにおけるニードル脱毛では針を毛穴から刺すたびにチクリとする痛みが間断なく続きます。
これらの際には決して痛みを我慢し続けることなく、耐えきれないならばすぐに脱毛士に伝えるのが得策です。

そうすると鎮痛クリームを塗ったり、患部をこまめに冷やしたり、笑気ガスなどで痛みの感覚を紛らわせてくれるなどの処置を講じてくれます。



また最近の最新式のレーザー施術は照射とともに患部の急速冷却も行い、ほとんど痛みを感じることなくムダ毛を払拭できるとして人気を集めています。

Copyright (C) 2016 エステやクリニックの脱毛に伴う痛みとその対処法 All Rights Reserved.