予防歯科で行うこととは

歯医者には一般歯科や小児歯科、審美歯科、矯正歯科などがあります。

一般の歯医者の場合、案内には予防歯科とは書かれていないことがありますが、ほとんどの歯医者では予防歯科もおこなっています。予防歯科とは虫歯になるのを防ぐために様々なことを行う分野です。歯医者を受診する時は虫歯が痛くなったり、歯茎から出血したりと症状が出てから行くことが多いです。

ですが、現在の歯医者では高齢者になっても自分の歯を維持する運動を行っており、予防に力を入れています。また、大人だけでなく、小さい子どもでも虫歯予防は大事ですので、小児歯科においても予防を行っています。予防歯科で行うことはまず、歯磨き指導、歯垢、歯石とりです。歯の汚れを落としたうえで、歯磨きの仕方を一つ一つ見ていきます。歯並びが悪い場合は磨き残しも多く、磨き方が雑になってしまうこともあるため、歯科衛生士と共に歯磨きの練習をします。また、本来虫歯のある人は生活習慣が乱れがちということもあるので、生活習慣の指導も行うことがあります。

こういった基本的な事を怠ってしまうと再び虫歯を作ってしまうこともあるので、きちんと指導されたとおりに歯磨きをするようにします。歯医者では虫歯予防をしてもらうために、半年ぐらいたつと手紙にて定期健診の時期を知らせることも行っています。半年たつと再び歯石や歯垢が付くと言われており虫歯が出来る可能性があります。そのためその時期を目安に歯医者に行くようにします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *