予防歯科に必要なこと

歯医者さんに行って、虫歯の治療をした経験は多くの方が持つと思います。

歯医者さんに行くのは、その理由のほとんどが口腔内のトラブルです。虫歯や歯周病、歯茎の炎症などを治してもらうために通います。その際、虫歯にならないために、また次に同じトラブルが起きないようにというアドバイスを受けたことはないでしょうか。これがまさに、予防歯科です。すでに起こったトラブルに対処するのではなく、その前に、原因となる要因を特定し、排除することでトラブルを未然に防ぐ方法です。

予防歯科は今最も注目されており、その重要度が盛んに叫ばれています。一旦虫歯になってしまうと、治療をしても完全に元に戻すことはできません。虫歯に侵された歯を消毒し、削って、磨いて金属などの被せ物をした歯は、元のままではなくなってしまいます。

目立たなくする技術はもちろん日進月歩で発達していますが、それでも元通りとはいきません。ならば、未然に防ぐことで一生できるだけ元の自分の歯で過ごしたいという発想が、予防歯科の原点です。例えば歯磨き一つを例にとっても、色々なアプローチがあります。歯磨きをする時、個人個人で癖が存在します。毎日何度も歯を磨いていても、特定の箇所が磨けていないことがよくあります。その磨き残しが虫歯になります。こういった事態を防ぐために専門家である衛生士さんなどに歯磨き指導をしてもらうことも、立派な予防歯科です。また、虫歯になりやすさにも個人差があります。フロスなどを含めた総合的な相談をすることがトラブルを未然に防ぐことに繋がります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *