予防歯科の重要性と内容

予防歯科を行う歯科医院が増えています。

その理由は、虫歯や歯周病などのお口の中の病気は、一度かかってしまうとどんどん進行していき、風邪のように自然に治ることがないからです。そのため、痛みなどを感じたらすぐに受診しようという早期治療が行われてきましたが、一度削った歯が元の状態に戻ることはありません。歯を削らなくてもいいように、治療の前の段階である予防歯科の重要性が注目されています。

特に、小さな子供を持つ保護者から、虫歯にしたくないという意識があり、子供に対する予防に歯力が入れられています。予防歯科で行われる内容は、歯を削るような痛みなどの不快なことは一切ありません。お口の中の状態は一人一人異なるために、状態に合わせた歯磨きの指導や、歯のクリーニングなどが行われます。子供の口の中は、乳歯から永久歯へと生え変わり年代によってダイナミックな変化をとげています。小さなうちに歯磨きの習慣をつけることは、一生の歯磨きの習慣を得ることになり、歯を守る上でとても大切なことです。

乳歯は永久歯よりやわらかく、虫歯になりやすいので、歯を強くするフッ素塗布や、虫歯になりやすい歯の溝をあらかじめ塞いでおくシーラントという処置が行われます。こうすることで、歯科医院は怖い場所ではなく、歯を守るためのパートナーという位置づけになれば、虫歯になってもすぐに治療に入ることができます。結果的に歯を長持ちさせることができ、一生自分の歯で食べる喜びを感じることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *