予防歯科では綺麗な歯を保つことができます

歯が痛くなってくると虫歯になっていたり、歯周病になっていたりします。

何も感じなくても虫歯や歯周病になっているケースもあり、気を付けたほうが良いです。歯周病のリスクは歯だけではなく、身体全体に回ってしまい、心筋梗塞の原因になることも分かっています。歯が痛くなるまで放っておいたり、あまり歯医者に行かないという人も多いですが、それでは健康的な歯を保つことはできません。最近重要になっているのが歯周病を事前に防ぐ予防歯科です。

そのままにしておくと歯槽膿漏になって、歯周病菌が歯の根元まで行って、歯が抜け落ちてしまいます。永久歯は一度抜けると生えてくることは無く、入れ歯や差し歯、インプラントにしなければなりません。歯を健康的に保つためには予防歯科が有効です。予防歯科は定期的に歯医者に行くことだけではなく、毎日の歯磨きが重要になっています。

予防歯科は綺麗に歯を磨くために歯科衛生士からどのように磨けばよいか、その人に合わせて教えてもらえます。鏡を見ながらチェックしてもらえるので、磨き残しや力を入れ過ぎているところも見てもらえます。歯医者では自分では撮りきれないところの歯石を取ってもらえることや、細かいところの掃除をしてもらえます。歯茎のチェックをして、歯周病がどのくらい進行しているのかも分かるので、定期的にチェックしてもらうと安心です。歯医者には、3か月に一度のペースで通うと綺麗な歯を保つことが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *