予防歯科を受診して病気の予防をする

現在では、予防歯科に取り組んでいる医療機関が増えているようです。

健康な歯を一本でも多く維持することは、心臓疾患や糖尿病、アルツハイマー病などの疾患を予防することにつながるとされています。日本人は、加齢とともに歯周病にかかる人が、増えている傾向にあるようです。これは、歯のメインテナンスが十分にされていないからともいわれており、歯科医院にはむし歯や歯周病になってから、治療をする目的で訪れる日本人が多いことがあります。

予防歯科を行っている歯科医院では、患者さんひとりひとりにあわせた、口腔内の自宅で行うケア方法や、健康な歯を維持するために必要なアドバイスと情報を提供しています。また、患者さんの歯の清掃や口腔内の状態をチェックして、今後に向けての指導を行っています。予防歯科では、歯科医院でのメインテナンスも大切ですが、自宅でのセルフケアもとても重要になります。毎日の食事や、加齢などの影響で、歯や口腔内の状態は変化していくものです。

毎日行う歯磨きは、自身にあった歯ブラシで丁寧にしっかり磨きながら、歯や歯ぐきの状態を知ることも必要になりますので、健康な歯を一本でも多く残せるように、努力していきたいものです。むし歯や歯周病などの、歯に関する病気だけではなく、心臓疾患や糖尿病などの病気の予防にもなりますので、予防歯科の診療を行っている歯科医院に定期的に足を運んで、メインテナンスを受けるのもいいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *