歯科医院で歯の治療

街を歩くといろいろなところに歯科医院を見かけるようになりました。

過去に歯医者不足を解消しようと大学の歯学部を増設しすぎてしまった時期があり、国家試験もそれほど難易度が高くもなく、研修医も義務付け出なかったことから、歯科医師が過剰になってしまったのです。ですから、その数は相当たくさんになっていて、開業をしたとしても廃業することになってしまうこともあるくらいなのです。

しかし、歯医者というのは口の中の健康を保つためにも大切な仕事でもあります。むし歯ができたり、歯肉炎になったり、歯が折れたり、かけたりすることで日常生活に支障が生じた時などにも頼りになる存在です。ですから、医療機関として人々の体をケアするという重要な役割を担っているのです。そんな歯科医院ですが、さまざまな症状に対して治療をしてくれることになるでしょう。

むし歯では黒く、穴が開いたような状態になったら、削ったり、詰め物をしたりしていくことになるでしょう。最近はなるべく自分の歯を大切にして削ったりせずに治療をしたり、予防に努めるような方針のところもあります。また、歯並びやかみ合わせが悪かったり、失った歯を補うために、矯正治療やインプラントなどにしたりする治療をすることもあります。

矯正治療は装置をつけて、自分の歯を時間をかけてじっくりと動かしていくというものです。インプラントは人工歯根にして、そこに人工歯を挿入していきます。これらの治療は保険がきかないので高額になるのですが、やってみるとそれだけの価値があると感じる人が多いようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *