あらゆる歯の病気を予防する歯科でのケア

あらゆる歯の病気のリスクを想定して、多角的な視点で歯の検査をして予防をするのが、禁煙定着してきた歯医者での予防歯科です。

虫歯を治療したあとは、歯科医院での定期的なメンテナンスをすることで、歯周病や虫歯が再発するのを予防していくことになります。治療予後関節とともに、口内全体の歯周病や虫歯予防を継続してしていくのは大切です。歯科医院ではカリエスリスク検査をすることで、虫歯ができやすいかを調べることもできます。カリエスリスクテストを受けるときには、検査の1時間は歯磨きや、食事やタバコを吸うのも控えましょう。

アルコールを含むタイプの洗口液でのうがいは、歯科での検査12時間前から控えます。スポーツなどの運動することで、唾液の分泌量が減ります。そのため検査をする前には激しい運動は控えましょう。もしも医薬品服用がある人は、スタッフに伝えます。歯科医院では、プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングのケアも行うことができます。

歯垢を取り去るのとは違い、歯の表面にへばりついた歯石を除去する作業ですから口内をスッキリとさせることができます。汚れは普通の歯磨きでは取れないレベルでなくなりますから、歯がピカピカになって気分もそうかです。口内の細菌をパワフルに取り除きますから、虫歯や歯周病を予防するには最適です。歯周ポケットの内側まで、細菌を取り除きますから、歯周病を予防していくにも良い方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *