歯科と口臭がする理由

自覚するほどの口臭がするようなら、歯科を受診してみましょう。

口臭の原因は、口内に歯周病や虫歯などの病気があることが原因です。ほとんどの場合、口内の病気によって、ひどい口臭につながりやすくなります。虫歯など以外にも、舌苔があるためかもしれません。口の中に存在する舌に細菌が付着して、白い苔状のものができます。本来であれば口内には自浄作用が働きますが、体調がイマイチの時などは、その作用は低下します。

体調不良のときなどは自浄作用の低下が起きるために、舌には舌苔がたまりやすくなって、イヤな臭いのもととなります。ほかにも考えられるのは、口内に唾液の量が少ないことです。1日のうちでも口内の唾液分泌量には違いがあります。少なくなるのは目覚めたときや、お腹がすいている時、緊張しやすい時も唾液長は減ります。女性の場合なら、妊娠をした時や、毎月の生理の時も唾液分泌量は減ります。唾液が少なくなることで、口臭が発生しますが、これらは一時的なもので、歯磨きをすれば消えていきます。

普段の食べ物や飲み物などが原因であることも考えられます。親知らずも関係していて、噛み合うべき歯がないことで、食べたり飲んだりしたものの影響もうけて口臭のもとになります。例えばにんにくやキムチ、ニラやネギ、らっきょうやコーヒー、アルコールやタバコなどです。歯科医院での治療ですが、もしもイヤな口臭が虫歯が原因なら、歯科では虫歯治療を行います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *