歯科と初期虫歯のチェック法

歯科へ行くのは抵抗があるという人は、子供だけではなく大人でもいるものです。

虫歯は歯科で治療をすることができますが、早い時期に来院をしたほうが治療は楽になります。自分でできるやり方で、初期虫歯のチェック法を試してみて、当てはまりそうなら歯科へ行くことです。虫歯はできてしまったら、自然治癒では治ってはくれないので、専門の治療を必要とします。セルフでのチェックですが、奥歯の溝の色が黒くなってきたとか、歯と歯茎の境目あたりが白さを増すのも要注意です。

被せものや、詰めてあるものに段差が出てきたり、デンタルフロスをしたら引っかかるのも、虫歯の可能性があります。食事をした時に、熱いものや冷たいものがしみたりするのも、虫歯である可能性が高くなります。歯科を利用するのは早めがいいですが、削るという虫歯治療をすればするほど、天然の歯は悪くなるのも事実です。まさか治療をしていくのに、悪くなるとは驚くでしょう。しかしこれは、無駄に歯を削っていくのが良くないのです。

できるだけ本人の歯を残していけるように、歯の根元部分に存在する神経は、できる限り残すことがポイントになります。もしも神経を抜いたならば、余計に虫歯になりやすくなります。神経のなくなってしまった歯は、次第に変色を始めることになります。神経があるかないかで、歯の健康状態は大きく左右されることになります。ですから治療をするにしても、可能な限りで神経は残したほうがいいのです。良心的な歯医者さんとであるためにも、歯糊料方法を丸投げはしないことです。ある程度の虫歯に対しての知識を持つことと、初期の段階ですぐに治療をすることが、自分の大切な天然歯を残していくためのカギにもなります。
歯科医師国家試験対策のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *