歯科医師の求人募集状況

歯科医師の資格は、いわゆる手に職という強みがあるものですので、基本的に求人先を探す際に困ることは少ないといえます。

しかし、近年、歯科医師は供給過多と呼ばれるほど人材が多くなっており、場合によっては求人を探すことが困難になる可能性もあります。例えば、都心部などで求人を探すような場合、既に医師が足りていたり、同じように就職を希望する歯科医師も数多くいることが考えられますので、経験や技術によっては採用されにくいというケースが出てきます。ただこれはあくまでも都心部の話であり、供給過多であろうとも潜在的な需要は残っていると考えられます。

特に人口流出が進んでいるような地方などでは、どのような職種でも人手が足りていないということが珍しくなく、その中に歯科医師が含まれている可能性は高いのです。また開業歯科の中には、既に院長が高齢となっていることも珍しくなく、そうした歯科医院では院長が経営だけを行い、実際の治療は若い医師に任せるというケースも多々あります。

そのため、働く場所に強くこだわらなければ、以前と変わらない数の求人募集が行われていると言えるのです。また現在、求人先が歯科治療に携わる場面だけとは限らなくなっています。例えば、大学の研究室や民間の研究所、画像診断センター、厚生労働省、製薬会社など持っている知識を最大限に発揮して活躍できる場も増えてきており、歯科医師の働き方には多様性が出てきているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *