歯科でセカンドオピニオンする利点

セカンドオピニオンを直訳すると二番目の意見、という意味になります。

今通っている歯科に不満があるのなら違う医者の意見を聞いてみるのもよいでしょう。同じ歯科の世界でも医師によって治療方法や治療方針は異なるものです。セカンドオピニオンをすることで最適な治療法を知ることができます。何らかの治療で終わるはずのところを抜糸されてしまったらもう元には戻りません。他の歯科医に見てもらっても治療法として抜歯を提案するのであれば、それが最適な治療法であると知ることができます。

医師の技術力もですが、人柄や性格も合わないと通い続けるのは苦痛です。信頼できる医師を探すためにも1つのところだけでなく他の医院にも行く必要があるのです。他の医師にも意見を聞きたいということを担当してくれている医師に伝えるのは勇気がいることです。我慢してそのまま同じところで治療を受け続けるという方も多いでしょう。しかし最近はセカンドオピニオンが普及してきているので特に問題なく伝えられるケースが多いです。

次に行く歯医者のところには現在の検査データを持っていくようにしましょう。これまでの治療情報がないと正確な診断はできません。紹介状も用意してもらう必要があります。ただ、自分が納得するまで何度も医者を変え続けるのはやめましょう。その間に症状は確実に進行していきます。そのため治療はどんどん難しくなっていくのです。あくまで、現在提案されている治療法が正しいかどうか確認するための手段なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *