歯科におけるセカンドオピニオンとは

セカンドオピニオンとは、主治医とは別の医師から病状などについての意見や助言を求めることであり、けしてマイナスのイメージではないです。

担当医だけだと、考え方や治療法が固定化しており、場合によっては、治療できずに命を落としてしまったというケースが少なくないです。この固定概念を崩すことで、新たな治療法を導き、医師にとっても患者さんにとってもものすごくプラスになります。アメリカなどでは、このセカンドオピニオンが昔からありますが、日本は遅れていたのです。今ではあたりまえのように2人の医師をつけてくる患者さんが増えてきています。

では、歯科におけるセカンドオピニオンはどのようなものがあるでしょうか。普通の歯の治療に関してはあまりないですが、いちばん多いのが最近話題になっています「インプラント」です。人工の歯を埋め込むことで、自前の歯と同じ咀嚼力があるといわれています。高度な技術を必要とするため、中には思わしくないインプラントがあります。そのようなときには別の歯科医にお願いしてみると技術の未熟さが原因にあげられています。

ほかにも高度な技術を必要とする「舌癌」があります。以上のように、歯科においてはメスを使う口腔外科関係がほとんどです。今やインプラントは多くの歯科医院で行うようになりましたので、まずは情報収集して、自分にいちばんあった歯医者さんを選ぶといいかもしれません。ネットでもいろいろ紹介されていますが、自分の目でしっかり見て、聴いていたほうが後悔しないです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *