歯科治療でもセカンドオピニオンを

日本において虫歯は国民病とも言えるものです。

日本人の八割がたが虫歯を患っており、日本人の口腔環境は深刻であると言わざるを得ません。虫歯は放置すると神経までやられてしまい、その炎症が頭の方まで行くこともあり非常に危険なのです。この虫歯が最近では低年齢化しているのが問題です。現代はファーストフードやファミリーレストラン、コンビニエンスストアで売られている甘いお菓子やスイーツを母親が乳児に積極的に食べさせる傾向にあります。

そのことで虫歯の温床になり、小さな子供でも沢山虫歯が出来てしまうのです。そのため母親は食生活の改善を試みるとともに、積極的に歯科クリニックに連れて行き口腔環境の監視や洗浄が望まれます。また最近は子供に手料理の食事を与えず、ファーストフードやコンビニエンスストアの食事を与える母親が増えています。そのためパン食や麺食が多くなり子供があまり咀嚼しなくなっているのです。

そのことで顎が一向に発達せず、歯が綺麗に顎の範囲に収まらず歯が歪に生え、受け口や出っ歯、八重歯の子供が目立つようにんっています。そのため母親は歯科医のセカンドオピニオンとして矯正歯科クリニックにも積極的に連れて行くことが大事です。セカンドオピニオンで矯正クリニックに連れて行くことで多角的んに口腔環境の監視やメンテナンス、健康を維持できるようになります。セカンドオピニオンの歯科医がいればもう一人の歯科医の見逃しも抑制でき、虫歯がなく綺麗な歯並びを実現することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *