歯科のセカンドオピニオンについて

街を歩いているだけでも数件目にする歯科の看板がありますが、目にする看板の中に何人の名医がいるのでしょうか。

私は人体の中でも歯はとても大切な部分であると思っています。初対面で会う人の一番か二番目くらいに目がいってしまうのは口元です。やはり、笑顔の素敵な人には好印象を持ちます。私は俗に言う出っ歯で中学生のころその出っ歯が嫌で歯科にかかったことがあります。その歯科は歯列矯正を専門としているところで初診料、検査費等で2万円近くを支払ったのを覚えています。

もちろん歯列矯正の見積もりを出していただいたのですが、総額80万近くの額を提示されました。その歯科はデンタルローン等を勧めていましたが、両親は反対、当然歯列矯正の話もなくなりました。歯並びの悪さにコンプレックスを抱いた私はセカンドオピニオンという話を耳にし別の歯科医を受診しました。料金面の話をしたらクラウン(被せ歯)を提案していただき、保険対応とのお話もあったので早々に施術を受けました。総額でかかった費用は3万円程度でしたが健康な歯を削りました。

数年たった今は上にか被せたクラウンの定期的なメンテナンスとケアが欠かせなくなりました。今となっては金銭が魅力的で何も考えずに飛びついてしまいましたが、セカンドオピニオンをしたのなら数件まわってやはり多少の金額と時間を要しても自分で納得のいく選択をするべきだったと思っています。確かに医者が提案した治療は確かに立派な治療です。ただ私の見解はセカンドオピニオンをするのならその時だけではなく将来までも納得のいく選択をするべきだと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *